【聴覚障がい】八王子での出会い~20代の聴覚障がいCカップ女性との出会い~ASOBO【写真ナシ】

ASOBO
この記事を読めば分かる事

飛鳥♂が余り会えてなかった初期の頃、どうやって対面を果たしたか、どうやってホテルまで連れ込めたかが分かります。

出会い系に登録しても返事が本当に返って来るの?そんな不安な方も多いと思いますが、無理矢理でも返事が来る方法が分かります。

10年以上前の話です。出会いはASOBOかハッピーメールのどちらかでした。プロフ検索をしてその彼女を探しました。聴覚障がい(耳が全く聞こえない)という事実は、何通かメールをした後に分かった事です。

正直、今でも鮮明に覚えています。

10年以上前の話ですが出会い系サイトでは障害者との出会いもあると知って欲しく、体験談として載せます。

大分古い話なので写真や当時の記録は残ってません。文章のみになりますが、当時の事を思い出し実体験を載せます。因みに、八王子駅で待ち合わせをして1分後にはホテルに向かっています。

会って1分で?どうやって?そんな事が可能なのか?と思いますよね。

自分もそんな話を聞かされたら、早過ぎじゃね?と突っ込みを入れるかもしれません。ですが、詳細含め話しますので事実を確認して下さい。

彼女とは事前にホテルに行く話等は一切せず、『ハムスターとかうさぎを飼いたいなぁ』『じゃあペットショップに見に行ってみない?

そういう話がメインでした。

ですが、実際は対面後1分でホテルに向かい、即ハメしています。

彼女を探した方法は根気と努力

飛鳥♂はその時、ASOBOハッピーメール<18禁>含め様々な出会い系に登録し毎日10-20人に送信し、引っ掛かった女性のみを相手にし、連絡先を交換したら会う為に根気よく何日もメールをしていました。

その頃は数多くの失敗やドタキャン、突然音信不通になったり失敗ばかりの日々でした。

ですが、その数多くの失敗があったからこそ、女性を喜ばせるメールやアプローチ方法を学べたと思っています

20代の聴覚障害を持った彼女と知り合ったのは、まだ飛鳥♂がそんな状態の時でした。

何通も送ったのでよく覚えていませんが、下手したら女性に100通送って返って来た1人だったかもしれません。

当時は飛鳥♂にはネットナンパテクも余りなく、本当に乱れ打ち作戦。数撃ちゃ当たる作戦です。

それでも物量作戦が功を奏し、1-2か月に1人とはセックスが出来ていました。

そういう意味では出会い系に本当にお世話になっています。

リアルナンパを毎日10~20人は出来ないけれど、ほぼ同じ文章で乱れ打ちのように10~20人に送信する事は数分あれば出来る事ですからね。

  • 1日10人に送っても【50円×10人 ⇒ 500円】
  • 20人に送っても  【50円×20人 ⇒ 1000円】

これを安いと思えるか高いと思うかですが、当時彼女を作る為に…という思いで必死にやってました。

そのお陰もあり、陰キャの見た目で彼女いつからいないの?って思われるレベルなのに、何人か会った中から彼女が出来ています。

飛鳥♂はその時、ASOBOハッピーメール<18禁> を必死にやっていて気付いたんです。女性は思った以上に見た目よりも中身を見てくれるセックスは非モテだから出来ないのではなく、行動をしていないだけだから出来ないのだ。そう気づきました。そう思った瞬間でした

聴覚障害の彼女と対面1分でホテルへ。どうしてそうなったのか経緯を説明

この子は…全く関係ないワンナイトギャルです。

対面して1分後にホテル。今考えても早いですね。

もしかしたら過去最速だったかもしれません

彼女と初対面を果たしたのですが、耳が聞こえないので話が出来ません。なので、駅前で互いの携帯を使い文字を打ち、メール画面を見せ合って会話をしていたんです。

ですが、正直周りの目もあって直ぐに『ここじゃなんだからホテルで話さない?』と文字を打ち、彼女に携帯の画面を見せました

正直、彼女には申し訳ないと思いましたが、人通りも多い駅前、飛鳥♂は人目を気にしてしまったんです。

きっと彼女もそんな飛鳥♂の気持ちを考え『ホテルで話さない?』という提案を呑んだのだと思います。

ホテルに行ってからの恐怖…彼女が死んだらヤバい!

ホテルに着いてからベッドにお互い腰掛け、携帯を使い会話をしていました。

彼女はロリータのような黒系のワンピースファッション。そして黒髪で色白、細身の女性でした。

話していてそんな彼女に興味を持ったので、彼女に『立って』と携帯の画面を見せ彼女を立たせ、そのまま飛鳥♂はベッドに腰を掛けたまま彼女の腰を抱き寄せ、ぎゅっと抱きしめました。

ウエストも引き締まっていて、お尻は小尻で可愛いヒップでした。

そのまま服を脱がそうとしたら、彼女がメールを打ち出しました。

するの?

彼女はそう文字を打ち込みました。

飛鳥♂は頷き、彼女の服を徐々に脱がしました。

ブラを取るとそこに見えたのは、薄茶色の少し大きめの乳首。口に含み舌先で刺激させると彼女の口から微かな吐息が聞こえます。

そのまま全て服を脱がし、下着も脱がしました。アソコの毛を自分でカットしているようで、角刈りのように逆立っていました。

シャワー浴びて来る?』彼女にそう文字を打ったところ、コクンと頷き、彼女はシャワーへ行きました。

ただ、シャワーの音が聞こえて来てから数秒後…

【ドテっ】

結構大きな音が聞こえました。彼女が倒れた音です。

ヤバイ!もし頭でも打ってたら、これ俺どうなるの?救急車とか来たらどうなるの?

正直彼女は耳が聞こえない聴覚障がい者だった為、最悪の事態も想定し様子を見に来ました。

大丈夫?

思わず声が出てしまいましたが、彼女はシャワールームのタイルで転び、お尻を打っていただけでした。

ほっ。

本当に良かった…これ、人生で焦った瞬間ベスト5に入った出来事です。

遂にベッドイン・・・だが実は、耳が聞こえて居たら・・・

シャワー後、彼女をベッドに寝かせワレメを触ると、ほのかに濡れていました。激的に濡れている訳ではないので、ん~、この濡れで入るかな~という状況です。

そこで彼女にフェラを頼みました(と言っても、携帯はソファの方に置いて来たので、ポーズでせがみました)

すると、彼女は手でNOの合図…

普通にショック(>_<)

喋れないので口説く事も出来ないし、携帯を取って来て話すのもお互い気分が萎えそうだし、諦めてそのまま挿入しようとしました。

ただ、そこでも彼女はNOを突き付けます。

枕の上に手を伸ばし、ゴムを使えと催促。

まぁ仕方ないか、とゴムを付け挿入です。

彼女のワレメはびらびらが少し広がっているタイプの赤茶色のおまんこでした。

少し入れづらかったですが、正常位で無理矢理ねじ込みました。

う~ん、彼女の逆立って尖った角刈りのようなまん毛がめちゃくちゃチクチクします(汗)

突く度に突き刺さってめちゃくちゃチクチクするんです。

ただ、そんな感想も彼女に言う事が出来ず、困った状況。

更に彼女の剃ったばかり?の膝もチクチクする~。(>_<)こういうのは誰か彼女に教えてあげなければなりません、ですが、携帯はソファ…

因みにこの時、飛鳥♂はある事が怖くなっており、独り言すら何も喋っていませんでした。

実は飛鳥♂はある恐怖の妄想をしていました。

もしも、彼女の聴覚障がいというのが全部嘘で、実はホントは全ての音が聞こえていたとしたら…

そんな妄想をしていました。

なので、迂闊に喋れなかったのもあるんです。

チクチクする~笑』とか『フェラしてくれないのか~↓』などの言葉を発したら、突然彼女の目が大きく見開き、急にこっちを向きながら『全部聞こえてるからな!』なんて真顔で言って来そうな気がして…

多分この妄想は聴覚障害の女性を急にホテルに連れて来て挿入している罪悪感から感じるものだと思います。

セックスをしながら飛鳥♂はそんな妄想をしていました。

故に…セックス自体は楽しむ事は出来ず、単調に正常位のみのセックスになってしまいました。

正直、こんな恐怖を抱えながらのセックスは初めてでした。

彼女のおまんこを激しく突く度に、おっ、おっ、おっ、という喘ぎ声を出します。AV等では絶対に聞かない喘ぎ声の種類ですが、それが人間の自然な喘ぎ声なのでしょう

【セックスはコミュニケーションが大事】その事を彼女を通じて改めて感じました。

ゴムフィニッシュを迎え、彼女にキスをしましたが、彼女は舌も出してくれず小鳥キスでした。舌を出して欲しいと伝えようにも伝えられないもどかしさがそこにはありました。

終わった後に携帯を使い会話をすると、彼女は接客業をしているとの事。

(いやいや、どうやって接客するんだ?)

と思いましたが、そこを深く突っ込む気力が賢者モードの飛鳥♂にはありませんでした。

聴覚障害の女性と会って感じた事

ただ単にセックスをしても正直面白くもないという事を悟った日でした。やはり、即セックスが出来るのも大事ですが、相手とコミュニケーションを図り、多少分かり合えてからホテルに誘うべきです。

聴覚障がいだからと言ってセックスが出来ない訳でもないし、もっと彼女を感じさせてまた飛鳥♂に会いたい。そんな風な優しい時間を過ごす事も出来たはずです。

まだ恋愛に関しても勉強中の身で修業時代の青い体験談です

その後、彼女と連絡を取ろうと思いましたが、彼女の方から『会ってくれてありがとう、さようなら。』とメールが来て、それでお別れになりました。

まだ女性にあまり優しく接する事が出来なかった事で、結局ヤリ目の男性と思われただけでした。

あなたも出会い系を使ってもヤリ目と思われないように気を付けて下さい。女性は出会い系で会うという事は、セックスもOKと捉え来る女性も大勢います。ですが、今回のような悲しいセックスよりも楽しい想い出にした方が絶対に素晴らしい人生になるはずです。

こんな子がハッピーメール、ASOBOにも登録しています。正直…普通の男性は敬遠するような女性かと思います。ですが、障害があったとしても普通にセックスは出来るし、普通の恋愛も出来るはずなんです。

飛鳥♂は救えませんでしたが、あなたはセックスで救えます。あなたなら優しいキスで救えます。

どうかお願いします。

優しいセックスで彼女を救って上げて下さいあなたなら出来ます

 

 

 

 

ASOBO

サークル活動もあるような様々な出会いが出来るアプリです。様々な出会い系とは違う機能があるので、出会い系やマッチング等に向いていない人には向いていると思います。クリックして先ずはインストールしてみて下さい。

コメント

  1. より:

    ASOBOって昔から人妻と会いやすいですよね。
    既婚者のサークルとか作るとかなり食いつきいいっすよ!オススメっす

    流石に俺は耳が聞こえない人は無理っす。飛鳥さん貪欲っすね!

タイトルとURLをコピーしました